武蔵野の大自然から学ぶ

武蔵野の大自然から学ぶ

栽培活動

 武蔵野の豊かな大地に恵まれた環境で、栽培活動を行っています。
 元気農園では、学年ごとにさまざまな作物を育てています。
 生活科や大樹タイム(総合的な学習の時間)、理科の授業で植物の種まきやお世話をし、収穫したものは学習の教材として活用しています。

 1・2年生は、かぶや大根、パプリカ、トマトなどを育てます。自分たちで収穫したものを、おいしくいただきました。
 3年生はさつまいもを育てています。秋になり、大きく実ったサツマイモを収穫できました。
 4年生ではじゃがいも、5年生はさつまいもをを育てます。
 6年生は、さまざまな野菜を育て収穫する予定です。
 自分たちで草取りなどのお世話をしながら、秋の収穫を心待ちにしています。土の温かさを感じながら、子どもたちの心も温かく育っています。
5年生
3・5年生収穫

大自然から学ぶ

 6年生の希望者による千葉方面・山梨方面サマーセミナーは、東京創価小学校の環境教育の一環として毎年行っている宿泊行事です。
 大自然の中、水辺の生き物や植物の学習、野鳥の観察などをします。現地の講師の方の説明に子どもたちは興味深く学んでいます。友だちと過ごす3日間、美しい自然とおいしい空気に、大満足の子どもたちです。


千葉方面・サマーセミナー

 7月下旬、2泊3日で、6年生の千葉方面・サマーセミナーが行われます。
 1日目、銚子市内の施設で、銚子・犬吠埼の歴史について話を伺い、施設内を見学。
 2日目は、朝から銚子漁港で水揚げされたばかりのキハダマグロ等を見学。その後、地球が丸く見える丘展望台で、学芸員の方に解説していただき、国の名勝及び天然記念物に指定された屏風ヶ浦を見学し、地層や植物について学習します。
 3日目は、本州で最も早く昇る日の出を見学。その後、理学博士の方と磯に生きる生物を実際に手に取りながら、磯の学習を行います。
活動の様子
活動の様子

山梨方面・サマーセミナー

 7月下旬、2泊3日で、6年生のサマーセミナーが河口湖・山中湖で行われます。
 1日目は、河口湖駅に向かいます。まず、河口湖では子どもたちも楽しみにしている遊覧船・ロープウェイに乗ります。その後、河口湖畔駅からホテルに行き、サマーセミナーの開校式を行います。環境科学の専門の方から講義を受けたり、河口湖の水質検査をしたりします。
 2日目は、午前に富岳風穴・青木ヶ原樹海・鳴沢風穴の樹海体験コースを歩きます。午後は、山梨県富士山科学研究所に行き、「火山としての富士山」「フィールドポエム」の講座を受け、富士山について学びます。
 3日目は、富士山レーダードーム館を見学したり、創立者と山梨の歴史について学んだりします。
 富士山を見ながら、それぞれの学びを深めることができる充実のサマーセミナーです。
活動の様子
活動の様子