東京キャンパスニュース一覧

創価高等学校 2017.6.12

【SGH】グローバルセミナー オリビエ・ウルバン博士


 SGHの活動の一環として14回目となるグローバルセミナーを開催しました。講師として、今回は民音研究所(民音音楽博物館付属研究所)所長のオリビエ・ウルバン博士をお迎えし、「平和構築のために音楽が貢献できること」のテーマで講演会を行いました。博士はベルギーのお生まれで、音楽を通した平和構築についてのご研究をなさっています。
 博士は講演の中で、「音楽はよい方にも悪い方にも加担する両義的なものである」、「音楽だけが独立して平和を作るのではなく、行動を伴ってこそ平和構築に貢献することができる」ということから、音楽は名詞ではなく動詞の『musicking』という考え方を通して、「音楽の背景には平和の哲学が必要である」とお話しされました。
 生徒からは、「言葉を使わない楽器の演奏はどのように平和に貢献していくことができるか」などの質問が上がり、博士は「楽器を演奏することによって信頼関係を築くことができる」と丁寧に回答してくださり、音楽の効用と平和構築への多面的なアプローチを学ぶことができました。