東京キャンパスニュース一覧

創価高等学校 2017.8.7

【SGH】カリフォルニア・フィールドワークを実施


 SGHの取り組みの一環として7月31日〜8月7日に掛けて、カリフォルニア・フィールドワークを実施しました。高校1年生から3年生までの生徒16名が参加し、名門カリフォルニア大学アーバイン校(UCI)のプログラム等を受講しました。今回のテーマは「平和構築」と「無炭素社会」。UCIのスコット・ボレンズ教授による「平和構築」をはじめ、「資源と紛争」「宗教観の関係」等の講義を受講し、質疑応答も活発に行われました。研究センター長からは「中国や中東の生徒たちも来ますが、こんなに質問に集まってくるのは初めてのことで驚いている。すばらしい光景です。立派な生徒たちですね」との感想もいただきました。
 3日には地元アーバインの高校生を交えた研究発表会を開催し、これまで探究してきた「日米の宗教関係とその提言」「地球温暖化対策の国際枠組み『パリ協定』からの米国の離脱」「日本における資源問題と領土紛争」「多民族都市における平和構築とその問題」の4つのテーマについて、英語によるプレゼンテーションを行いました。またキャンパス内でアメリカの若者の環境意識調査にも取り組みました。
 今回のフィールドワークは約一週間と短いものでしたが、参加した生徒にとって何にも代えがたい貴重な経験となるとともに、学びを深め、未来を担いゆく決意を新たにする機会となりました。