進路指導

 

進路指導:SUA(アメリカ創価大学)への進学

アメリカ創価大学(SUA)への進学については、創価高校とSUAとの間に推薦入学の制度はありません。したがって進学を希望する人はSUAから発表される入学試験要項に基づいて、それぞれが出願することが原則になります。
 
出願
出願のためには、特別の資格は必要ありませんが、大学で勉強するのに必要で十分な語学力が要求されます。具体的にはSAT(アメリカにおける大学入学実力認定試験)のスコアの提出が求められます。その他の提出書類としては、高等学校の成績証明書(英文)、小論文(出願書類に記された質問に答える形で、英文で作成)、推薦状、課外活動・特殊技能・受賞等の一覧などがあります。 
※Common Applicationを用いて、他の海外大学と同時に出願することも考えます。
風景1
 

入学選考

選考にあたっては、高校の成績、課外活動・特殊技能など、小論文、推薦状、SATの成績が総合的に考慮されます。
選考は2回行われます。10月に出願し12月に結果が発表される「アーリー・アドミッション」
(早期選考)と1月に出願し2月末に結果が発表される「レギュラー・アドミッション」(一般選考)です。発表される結果は、アーリーでは「合格」「継続審査」「不合格」の3種類、レギュラーでは「合格」「不合格」「BP(ブリッジプログラム)合格」の3種類です。アーリーで「継続審査」の人はレギュラーにおいて判定されることになります。