創価高等学校 Soka Senior High School
創価学園 東京キャンパス 東京創価小学校 創価中学校
| ホーム | サイトマップ | お問い合わせ |
Menu

創価高校ニュース(2007年3月)

桜まつり開催

  3月31日 第18回桜まつりを開催。満開の桜が咲き誇るなかを、近隣・保護者の方々など多数が来校。翼コーラス部、箏曲部がミニコンサートで歓迎した。

ディベート大会第3位(創価雄弁会)

  3月24〜25日 創価雄弁会が第8回「関東甲信越地区中学・高校春季ディベート大会(会場:成蹊高)に出場。本校からは2チームが出場し、Bチーム(石崎英治君、服部南見君、江添正城君、大島直子さん)が3位に入賞した。

国際ピアノコンクールで活躍

  3月16〜28日 フランスで行われた「第21回エピナル国際ピアノコンクール」に1年生の加藤大樹君が出場。このコンクールはフランスのパリから東300Kmにある芸術の町エピナルで行われる伝統あるピアノコンクールで、今回は世界中から73名が参加をした。加藤君は上位8名による第3次選考まで進出した。 コンクールでは、20分前後の曲を3曲、30分前後の曲を3曲、50分前後の曲を7曲、コンチェルト(協奏曲)1曲の計14曲の演奏に挑戦をした。

英検・数検 大健闘

  3月22日 本年度の検定試験に対する取り組みがまとまった。本年3回目実施の英語検定試験では、準1級に5名、2級に34名、準2級に68名が合格した。更に本校の英検への取り組みに対して「団体・奨励賞」の表彰が決定し、4月に行われる表彰式で全国の受賞校を代表し創価高校が表彰を受けることになった。 また数学検定試験でも多くの合格者が出て、通年で準1級に2名、2級に21名、準2級に11名が合格した。

SUA懇談会

  3月21日 アメリカ創価大学(SUA)のエド・フィーゼル教務部長とジョン・ヘフロン学生部長が来校。この夏からSUAに進学するメンバーとの懇談や、中学生・高校生でSUA進学を希望しているメンバーとの懇談会を開催した。またこの日同じく、帰国しているSUAの現役学生18名も来校し、懇談会に参加し、SUAでの学生生活などについて体験を交え懇談をした。

修了式

  3月20日 2006年度修了式を実施。式典終了後、本年のSUA入学試験に合格した生徒達から、英語でのスピーチがあり、その中でSUAに進学してからの抱負と、後輩達が続くことを期待する旨の話があった。

「第4回新一筆啓上賞」秀作(日本郵政公社北陸支社長賞)を受賞

  3月19日 福井県坂井市丸岡町が主催する「第4回新一筆啓上賞」に松尾大輝君(1年) が応募し、その作品が全国5位に相当する秀作(日本郵政公社北陸支社長賞)を受賞した。同じく松井知明君(1年)の作品が佳作に入賞した。

大学受験希望者懇談会

  3月19日 大学受験希望者を対象に卒業生との懇談会を開催。国公私立大学に進学した卒業生14名が来校し、1・2年生の受験希望者と受験体験や大学生活について懇談的に語り合った。

第37回卒業式

  3月16日 晴れやか、創価中学・高等学校第37回卒業式が行われた。式典の第1部では卒業証書授与、式辞、送別の言葉(2年:佐藤大河君)、出発(たびだち)の誓い(3年:岡部正夫君)、特別表彰(創立者賞・セトゥバスカラ学園4賞・マカオ大学最優秀賞・魯迅青少年文学賞)が行われた。
  第2部は「2006年度創価学園卒業式」として、関西小、関西中高とも衛星中継で結び行われた。席上、創立者池田先生に対する、韓国・芸術文化団体総連合会からの「特別功労賞」の授与式が行われ、李城林会長から証ならびに記念品が創立者に授与された。
  創立者は、卒業生の未来への旅立ちに期待を寄せつつ、「勇気と誠実と忍耐で正義と勝利を勝ち取れ!」と、はなむけの言葉を贈った。

「安全教室」開催

  3月14日 防犯意識の高揚を目指した「安全教室」を小平警察署から係員を招き開催。男女別に防犯対策や薬物犯罪から身を守る対策について、全体ではネット社会で犯罪に巻き込まれない対策などについて、対話を通しての分かりやすい研修となった。

「3年生を送る会」

 3月13日 「3年生を送る会」を開催。女子と通学男子、寮生とに別れ、卒業生と在校生とが絆を確認する集いを行った。

ロシア・バイカル国立経済法律大学一行が来校(海外来客)

  3月12日 ロシア・バイカル国立経済法律大学一行が来校。ヴィノクロフ総長ら一行3名を小学生が歓迎。講堂で高校2年生が大歓迎した後、中学箏曲部が歓迎演奏を行った。午後には代表生徒懇談会を開催し、歓迎合唱として翼コーラス部がロシア語で「母」を歌い、代表生徒がロシア語で歓迎の挨拶を行い、その後、質問懇談が行われた。ヴィノクロフ総長は「私たちは尊敬と感謝をもって創価学園を訪問させていただきました。学園生には素晴らしい将来が待っていると思います」と学園生の成長を期待する言葉が寄せられた。

 

医・歯学部の学生との懇談会

  3月10日 本校卒業生で医・歯学部へ進学している学生との懇談会を実施。この日は15名が来校し、医歯学部等への進学を希望している30数名の生徒と懇談した。

「模擬裁判」開催(キャリアガイダンス・人権講座)

  3月10日 キャリアガイダンスの一環の人権講座として「模擬裁判」を開催。本校を卒業して法曹界で活躍しているメンバーを中心に18名が来校し、本当の裁判所さながらに裁判制度の実際がよくわかる模擬裁判を開廷した。また午後には希望者との懇談会も行われた。。

「文化教室」

  3月9日 「文化教室」として映写会を実施。今回は平和・人権学習の一環として、「バルトの楽園」を鑑賞。作品は第一次世界大戦中、徳島県に設置されたドイツ人捕虜収容所での地元民と収容所員との文化交流を通じて、ベートーベンの「交響曲第9番」を日本で初めて演奏したという奇跡的な実話をベースに映画化されたもの。

3年生のスポーツ大会と文化祭

  3月8日 卒業を前にした3年生が、友好を深め思い出を刻むために、スポーツ大会と文化祭を開催。

中3、高校進学者へのガイダンス

  3月8日 今春、創価高校に進学する創価中学3年生を対象に学校生活のガイダンスを実施。教務、生活指導、進路などの面からスムーズに高校生活がスタートできるようガイダンスがあった。

アドバンスサイエンスセミナー

  3月7日 本年第3回目となる「アドバンスサイエンスセミナー」を実施。高校2年生の代表を対象にしたこのセミナーは創価大学において情報システム・生命情報・環境共生の3コースに分かれ、講義と実習で科学の基礎を学ぶもの。42名の参加者に対して修了書が渡された。

講堂改修記念コンサート開催

  3月3日 日頃お世話になっている方々や近隣の学園を支援する皆様に創価学園講堂の新装を披露するミニコンサートを開催。中学校音楽科の金田講師が独唱、パリブラスバンドが「旅立ち」、小学6年生が卒業合奏の「アイネ・クライネ・ナハト・ムジーク」をそれぞれ演奏した。また高校3年生の吹奏楽部が「タンホイザー大行進曲」を演奏し、高校3年生の有志200名が感謝と喜びの思いを込めて「母」「校歌 草木は萌ゆる」を合唱した。この前後に経過報告と池田学園主事、長谷川理事長から挨拶があった。

保護者会クラス幹事会

  3月3日 保護者会クラス幹事会を開催。この1年の学校生活全般について報告と情報交換を行った。

講堂耐震・リニューアル工事完工

  3月1日 創価学園講堂の耐震・リニューアル工事が完工し、オープニング式を開催した。経過報告、代表生徒による感謝の言葉、学園長あいさつに引き続き、小学校、中学、高校の代表児童生徒がテープカットを行った。今回の工事で、客席、音響、トイレ、舞台などが大きく改修され、更にエントランスロビーが増設され、機能と外観ともにキャンパスの象徴的な建物となった。また講堂周辺のロータリー、道路側歩道、舞台入路なども改修された。

pagetop
創価高等学校 〒187-2204 東京都小平市たかの台2-1 TEL:042-342-2611 Copyright (c) Soka Senior High School, All Rights Reserved.