創価高等学校ニュース

創価高等学校 2019.4.8

52期生を迎えて2019年度入学式を行う


 4月8日、桜の花びらが舞いゆく中で2019年度創価高等学校入学式が行われました。朝の雨は次第に小雨となっていき、入学式直前には晴れ間が広がりました。
 新入生348名、一人ひとりの名前が担任から紹介されると新入生たちの「ハイ!」という、決意みなぎる返事で会場内はさわやかな空気に包まれました。また、壇上では薔薇の胸章が手渡されました。
 塩田校長のあいさつ、在校生による歓迎の言葉に続き、新入生を代表して畑中光優君が「誓いの言葉」を述べました。原田理事長より創立者のメッセージが紹介されると、会場内から大きな拍手が起こりました。メッセージでは「今日、入学された皆さんは、まさしく新時代の誉れの『学園桜』です」と、52期生となる新入生たちに期待を寄せられました。

「咲き光れ 勇気と希望の学園桜 縁(えにし)の友と 世界へ未来へ 」
との和歌も贈っていただきました。