教育の特色

 

環境教育

校内美化とリサイクル

身の回りの美化に加え、先輩達から受け継いだ校舎を大切に使うとともに、その思いを後輩に引き継いでいこうとの心から、授業終了と同時に全校生徒で「全員清掃」を実施しています。また、始業前や行事前には有志による特別清掃活動も行われています。各クラスから出るゴミは分別ゴミ箱に捨てられ、さらに「ゴミステーション」で分別されています。

環境委員会と美化委員会

校内の美化活動や環境保全の活動を、美化委員会と環境委員会が推進しています。美化委員会は、校内の全員清掃の企画や美化の道具の管理を行っています。環境委員会は、毎日のゴミの分別回収やリサイクル意識の啓蒙などを行っています。

サマーセミナー

1年の希望者が信州の自然の中での2泊3日の宿泊研修を行います。このセミナーは自然との共生や環境問題を身近に学ぶ絶好の機会となります。

鯉蓮保存会

保存活動の一環として、校内にある「友情の池」での鯉の育成。また蓮池で世界の貴重種も含め、蓮の保存活動を行っています。

 

植栽委員会

校内の園庭には四季折々の花々が咲き薫ります。委員会の生徒達が花々の植え替えや草取り、水やりなどを担当しています。自然を愛し、自然と共生する心を育んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

生物選択卒業研究

3年で生物を選択した生徒は、校舎の側を流れる玉川上水で、環境と生物の関係を継続して研究しています。3学期には外部の研究発表会で発表し、身近な環境を理解するよい機会となっています。