教育の特色

 

語学

英会話

全クラスでネイティブ教員による英語の授業が行われます。なお、総合クラスでは会話力向上のために、1クラス2分割での授業を行っています。

Chit-Chat-Club(チットチャットクラブ)

“Chit-Chat-Club”とは、グローバルステーションで毎日放課後に行っているEnglish Onlyでディスカッションする活動のことです。4・5人のグループでリラックスした雰囲気の中で家族や夢、友情について自分の意見を述べたり、あるトピックについてディスカッションをします。ネイティブの先生、インターナショナルクラブのメンバーがサポートしながら、ミスを恥ずかしがらずに自然な英語コミュニケーション能力を醸成しています。

多読推進

授業の内外で英語図書の多読を推進しています。図書館や教室にも多読用図書を置き、本年度より全生徒に記録用の手帳も配布しています。

SUAへの進学指導

2年生で、SUAなど海外の大学に進学を希望する生徒に対し、週1回、アメリカ創価大学大学院出身の外国人講師も担当し、補講を行っています。3年生には、必修の学校設定科目(週1回2時間)が設けられています。これらの授業では、SAT対策を始め、エッセイ・ライティングの指導も行われています。

英語検定試験の推進

語学力向上の指標として準2級、2級、準1級、さらには1級の取得を目指しています。年3回、本校を準会場として受験を推進しています。全員が2級以上の力をつけることを目標としています。

 

英語以外の言語の学習推進

高校3年生対象の学校設定科目の「国際理解」の中で、ハングル・ドイツ語・スペイン語・フランス語・中国語・ロシア語の基礎と生活や文化について学んでいます。加えて、1年から3年までを含めた課外のクラブ活動として各言語の研究会を開設しています。それぞれの担当は、創価大学に留学中の学生や大学院生などが行っています。