教育の特色

 

愛唱歌運動

愛唱歌推進委員会

本校では、始業前や昼休みに毎日、中庭で歌声が響き渡ります。生活組織である潮流会(男子通学生)・新生会(女子通学生)・栄光会(女子下宿生)・栄光寮(男子寮生)の生徒達や有志の「愛唱歌推進委員」の生徒達が、それぞれの愛唱歌を力強く歌い上げます。また1年生の教室では、先輩が学園で歌われる愛唱歌について説明をし、歌唱指導も行っています。そのための手作りの掲示用「愛唱歌集」が各教室に設置されています。

愛唱歌

学園には草創期以来、100曲を超える愛唱歌があり、現在でも「栄光の日」等で愛唱歌が生まれ、歌い継がれています。生徒達は日常生活の中で学んだことがらや、思いを詩に込め曲に託して愛唱歌を作り、創立精神を継承する運動を続けています。特に、「負けじ魂ここにあり」は、1978年(昭和53年)に作られましたが、2009年3月、創立者より5番の歌詞を贈っていただき、創価学園全体の愛唱歌として生まれ変わりました。